小坂ワインの基となるぶどうの歴史

小坂ワインの原料となるぶどうの栽培は、
昭和63年に鴇地区で始まりました。


◇平成元年

「小坂のぶどうで、世界にひとつしかないワインをつくる」

その志に賛同した、やまぶどう研究の第一人者である

故・澤登晴雄氏からやまぶどう交配品種

「小公子」「ワイングランド」の苗を譲り受けます。



◇苦難の日々

「花は咲いても、実が付かない」年が何年も続きました。

まったくのゼロからのスタートである小坂町では農家も職員も

「何がいいのか?悪いのか?」すらわからなかったのです。



平成8年 「転機」


町の職員が横手のぶどう農家さんと縁あって知り合うことができ、

週に1度横手まで足を運んで教えを請い、

その翌週、教わったことを小坂で実践しました。



◇平成10年「人の和が天の助けを呼ぶ」

この頃、小坂と横手には偶然にも1週の気候のズレがあったため、

学び得たことは徐々に結果としてあらわれはじめ、

ついに小坂ワインの原料として満足のいくぶどうが誕生しました。


「確立」

今では、日本式の棚仕立て栽培のほうが葉に日があたるなど、

小坂に合った栽培方法が確立され、

町全体がその手法でぶどうを栽培することで

安定した高品質が保たれています。

この記事へのコメント