小坂(七滝)ワインができるまで

小坂(七滝)ワインができるまで

破砕直後.jpg
生産者たちによって一つ一つ手摘みされたやまぶどうは除梗され、
醸造アドバイザーの意見を参考にしながら、
ぶどうごとに仕込み・発酵が行われ、
厳しい温度・糖度管理のもと小坂ワインへと変化していきます。


ポンプ.jpg

ワイナリーに備え付けられた冷温水管理機は2℃~20℃以上までの温水を巡回させることができ、発酵の管理や品質維持に力を発揮しています。





タンク.jpg発酵を終えたやまぶどうの赤ワインは、必要によって澱引きされ、ステンレスタンクの中で数ヶ月熟成されます.

欧州製ステンレスタンクはやまぶどうの香りを維持すると共に、タンク内の循環ポンプで温度を管理しています。

タンク熟成を終えたワインは濾過を経て瓶詰めされ、さらに半月~数ヶ月の瓶熟成を経て出荷されていきます。


この記事へのコメント